世界の豪雪都市に学ぶ。雪国暮らしの「雪遊び」

2021.02.12

No. 05

大人たちの遊ぶ姿が若者のお手本になる。

ケベック州のモントリオールを流れるセント・ローセンス側に浮かんだスパ。フェリーをリノベーションしてスパにした。撮影は筆者の知人による。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、2020年/2021年の冬シーズンは、北陸の観光業も大打撃を受けています。

 

しかし、実際はそれ以前から、福井も石川も富山も、冬(12月、1月、2月)の観光は、弱いと言われていました。

 

各種のデータを見ても、冬の観光客の数は北陸3県どこも、夏と比べて半数近くに落ち込んでいます。

 

先ほどからお手本にしてきたケベック州も同じで、夏に比べて冬は、観光客が減ると現地のデータで分かります。

 

冬は観光客の数が落ち込む、雪国の宿命なのかもしれませんね。

 

ただ、ケベック州の場合は、外から訪れる人が減ったとしても、地元に暮らしているいい大人が(そのいい大人に憧れた若者が)、真冬に羽を伸ばして遊べる仕掛けがたくさんあるので、まちに活気が感じられます。

 

例えば、ケベック州の州都ケベック・シティには、まちに沿ってセント・ローレンス川という大河が流れています。

 

ケベック・シティから見たセント・ローレンス川。水面が氷付いている。

川沿いには、おしゃれなスパ(温泉とエステが合体したようなおしゃれな施設)があり、いい大人が水着姿であえて真冬に屋外での入浴やサウナを楽しんでいます。

 

ケベック・シティのスパ。大開口部のガラス窓がある室内や露天風呂から建物の向こう側を流れるセント・ローレンス川を一望できる。

スパに入れば、スパがデートコースにも使われていると分かります。氷に覆われた大河を背景に、露店風呂でカップルたちがセルフィ―(自撮り)を撮り、熱心にSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)に投稿しています。

 

ケベック・シティでは、1月下旬から2月中旬までの最も寒い時期に、まちのど真ん中でウィンター・カーニバルも行われます。

 

カーニバルのにぎわい。

屋外で遊ぶ寒さを少しでも紛らわすために、地元の人たちは、赤ワイン、ブランデー、メープルシロップなどでつくったカリブーと呼ばれるお酒を昼間から飲みます。

 

北陸でも各県で冬の催しは行われていますが、福井市や金沢市や富山市など県庁所在地のど真ん中で、大規模な冬の祭りは開かれないと記憶しています(行われていたら、勉強不足ですみません)。

 

一方でケベック・シティの場合、カーニバルの期間中、夜になるとパレードが開かれます。屋外の広場にはDJ(ディスク・ジョッキー)が登場して、ダンスパーティーも開かれます。

 

極寒の中、パレードの見学に集まる老若男女の人々。

別にノリノリのパレードやダンスイベントをまねしたいという話ではありません。

 

「どうせ避けられない冬ならば、楽しんでしまえ」という「ケベコワ」たちの生き方を象徴するような光景の具体例として、紹介しています。

 

繰り返しになりますが、10,300km近く北陸から離れた現地を取材している間、少しでも北陸に暮らす私たちが、見習えないかなーと考える瞬間が何度もありました。

 

大雪を生かした店頭の屋外カウンターバーで酒を飲む、いい大人たち。

「どうせ雪は降るんだし、寒いのは変わらないのだから、我慢するのではなく、生かす方向を模索できないか」と考える人が増えれば、北陸の冬の閑散とした夜のまち並みも、景色が変わってくるような気がします。

 

ケベック・シティのウィンター・カーニバルは、1955年にスタートして以来、少しずつ規模を拡大して、今では北米最大の雪まつり(世界最大のカーニバルの1つ)として知られるようになりました。

 

米インターネット検索サイト〈Google〉のロゴが、ケベック・ウィンター・カーニバルの期間中、同カーニバル風のデザインに変わるほどです。

 

要するに、地元民(特にいい大人たち)が冬を楽しもうとする姿勢が、観光の厳しい雪国の冬に、諸外国から観光客を呼び寄せる1つの目玉プログラムを生んだのですね。

冬に出歩く地元のいい大人たち。

氷でつくったカクテルグラス。

「どうせ避けられない冬ならば、楽しんでしまえ」という「ケベコワ」の哲学がなければ、〈アイスホテル〉も実現しなかったかもしれません。

 

ケベック・シティの郊外、まちの中心部から20分ほど自動車で走った〈バルカーティア休暇村〉という場所には、スウェーデンから技術提供を受けた、冬季限定の雪と氷でできたアイスホテルが登場します。

 

アイスホテルの教会。訪れた日、実際に結婚式が行われていた。

現地ガイドによると、最終的にバルカーティア休暇村の敷地内に落ち着くまで、ケベック州内で場所を転々としながら、試行錯誤が行われてきたと言います。

 

その結果、今では(新型コロナウイルス感染症の影響がない時代には)北米の各地から宿泊客のみならず、見物客が訪れる観光地にもなりました。

 

アイスホテルの客室例。

素晴らしい試みは積極的に取り入れ、冬をもっと楽しい季節にしようと工夫する「ケベコワ」たちの姿勢は、北陸でも学ぶべき点が多いと、アイスホテルを訪れても思います。

 

アイスホテル内の氷のすべり台。

雪国でしか楽しめない遊びを目当てに、冬に出歩く地元のいい大人たちが北陸に目立つようになれば、他の地域に暮らしている人たちも、興味を持って見に来るはずです。何よりその姿をまねして、地元の若者たちも動き始めるはずです。

 

まずは暮らしている大人が楽しみ、地元の若者や子どもたちが憧れて、その姿に興味を持って他の地域に暮らす人が集まってくる、その自然な流れを生む起点に〈HOKUROKU〉がなりたいと思います。

 

やっぱり「何を言っているの?」というリアクションが多いのかなあー。でも、この特集を準備する短い間にも、クロスカントリー・スキーの板を履いて冬の山に魚釣りに行っていた人や、雪板(スノー・トイ ※ショートスキーのような板)を履いて道の駅の駐車場などの広場で遊んでいる人を知りました。

 

あらためてジョン・レノン風に言えば、I’m not the only one. 異なる考えを持った人も、その大切な真逆の意見を持ったまま、いつかジョインしてくださいね。

 

冬のケベック・シティ。

(副編集長のコメント:以上、ケベック・シティとモントリオールから雪のあるまちの楽しみ方を編集長がお伝えしました。

 

「冬の厳しさがあるからこそ春の訪れを喜べる」なんて意見もありますが、個人的には「冬だって楽しみたい」と思っています。

 

はっきりとした四季があるからこそ、どの季節だって住みこなしてしまう北陸人でありたいです。)

 

文と写真:坂本正敬

編集:大坪史弥、坂本正敬

編集協力:明石博之、中嶋麻衣

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。