片手間では済まされないので。THE「愛されるSNS」論。(後編)

2021.03.24

vol. 02

感動で半泣きしながらTwitterを眺めていました。

〈8番らーめん〉本店にある創業当時の写真。撮影:山本哲朗。

大坪:もう少し〈Twitter〉のコンテンツについて聞かせてください。

 

今までTwitterを運用していて、一番話題になったり、盛り上がったりした投稿はなんでしょうか?

 

ハチコ:うちはつい先月に投稿したツイートが今まで運用してきた中で一番盛り上がりましたね。

 

大坪:どんなツイートでしょう?

 

ハチコ:8番らーめんの創業日を記念するツイートです。2月11日は8番らーめんの創業日なんです。なので、その日にお客さまへの感謝を伝えるツイートをしたんです。

 

 

大坪:これ僕もTwitterで見掛けました。

 

ハチコ:8番らーめんは今年で54周年なんですが、54周年はきりのいい数字でもないですし、特別な投稿は予定していませんでした。

 

また、創業日は弊社都合のイベントなので、フォロワーさんにお知らせするのかも迷っていました。

 

私もその日は休日で出勤しておらず、ツイートするのは来年でもいいかなぁ、と。

 

ただ、いろいろ迷いはしたものの、やはりフォローしてくれている8番ファンにとっても1年に1回の機会に感謝を伝えたいと思い、当日の午前中に何気なくツイートしたんです。

 

すると、予想以上の反響で。フォロワーさんから創業をお祝いしてくれるコメントと、思い出のエピソードが多数寄せられました。

 

 

北陸に住んでいる方はもちろん、今は遠方にいる北陸出身の方からもエピソードが寄せられました。

 

「だんなとけんかした時には、地元の8番らーめんに独りで行っていました」とか、赤裸々なエピソードも寄せていただいて、めちゃくちゃうれしかったですね。

 

感動で半泣きになりながらTwitterをずっと眺めていました。

 

日の出屋:すてきですね。今ちょうどTwitterを見ていますが、すごくいい投稿だと思います。

 

ハチコ:ありがとうございます。〈Facebook〉と〈Instagram〉にも同じく投稿したところ、こちらも今までで一番コメントが寄せられました。

 

この投稿とフォロワーさんからの反応を社内に共有すると、「感動した」「これだけのお客さまに支えられているんだ」とリアクションが社内からも多数寄せられました。

 

また「SNS担当としてハチコさんがどんな仕事をしているのかよく分かった」との声も社内から寄せられ、SNS担当の役割を理解してもらえたのもうれしかったですね。

 

その反面、予想以上の反響だったので、来年の55周年は気合を入れて、取り組まないとなと思っています(笑)

 

大坪:確かにちょっとハードルが上がってしまったかもしれませんね。

 

みんなの思い出の琴線に触れる投稿は、反響が大きいのかもしれません。私も北陸出身者として思わずコメントしていました。

 

ハチコ:しっかり拝見しましたよ。ありがとうございます。

シロエビがキリマンジャロの空を舞いました。

 

大坪:次に、日の出屋製菓さんはいかがでしょうか?

 

日の出屋:うちは2020年(令和2年)の「立山頂上を目指そうチャレンジ!」企画ですね。

 

弊社では毎年4月10日を「しろえびせんべいの日」と定めてるんです。シロエビ漁解禁月の4月、エビを1、せんべいを0に見立て、4月10日としています。

 

実は、2016年(平成28年)に日本記念日協会より認定も受けてるんですよ。

 

「しろえびせんべいの日」に向けて、2020年(令和2年)の3月ごろからTwitterでキャンペーンを走らせました。

 

内容は日の出屋製菓産業の公式アカウントをフォローし、キャンペーンに関するツイートをリツイートしてくれた人には、抽選で〈しろえびせんべい〉の詰め合わせが当たるという企画です。

 

 

大坪:こうしたキャンペーンは他の企業公式アカウントでも見掛けますね。

 

日の出屋:はい、よくあるフォロー&リツイートキャンペーンの一種ですが、他社とちょっと違う点は、リツイートされる度にシロエビが立山を登るんです。

 

大坪:ちょっと何を言っているのかよく分からないのですけれど。

 

日の出屋:もう少し説明しますと、キャンペーンのために立山のイラストをバックにした特設サイトをつくりました。

 

このサイトはキャンペーンツイートのリツイート数と連動していて、1リツイートされるごとにシロエビのイラストが1メートルずつ立山を登っていきます。

 

そのシロエビが立山頂上の3,015メートルに到達すれば、つまり3,015リツイートを達成すれば、ゴールという企画です。サイトはこんな感じです。

 

キャンペーンの特設サイト。提供:日の出屋製菓産業株式会社

大坪:なかなかシュールですね。

 

日の出屋:でも、これが意外に盛り上がりました。

 

シロエビが登っていく様子が視覚的に見えるので、フォロワーさんからは「あと○○メートルだ!」とか「頑張れー!」といった応援コメントや引用リツイートを多数いただきました。

 

当初は結構ギリギリの目標かな、とも思っていたのですが、キャンペーン開始から1週間も経たないうちに、3,015メートルに到達してしまいました。

 

 

大坪:すごいスピードですね。

 

日の出屋:はい、予想以上の盛り上がりでした。ただ、立山登頂の時点でキャンペーン期間は残り3週間以上も残っていました。

次の目標として、富士山の山頂(3,776m)に切り替えたのですが、すぐに登り切ってしまったんです。ですので、最終的にキリマンジャロ(5,895m)登頂を目指すことにしました。

 

 

大坪:キリマンジャロとなると、当初の倍に近い目標ですね。シロエビはキリマンジャロを登頂できたのでしょうか?

 

日の出屋:はい、最終的には6,137リツイートをいただき、シロエビがキリマンジャロの空を舞いました。

 

キャンペーン終了後の特設サイト。提供:日の出屋製菓産業株式会社。

大坪:登頂おめでとうございます。

 

日の出屋:ありがとうございます(笑)

 

おそらく、普通のフォロー&リツイートキャンペーンではここまで盛り上がらなかったと思います。

 

フォロワーさんと一緒に頂上を目指す体験が生み出せたからこそ、盛り上がったのではないでしょうか。

 

大坪:PRやキャンペーンはフォロワーと一緒に楽しむくらいの方がいいのかもしれません。

 

また、北陸、とりわけ富山県民になじみの深いシロエビと立山を取り入れた点も、共感を得たポイントなのではないかと思います。

「#チャンカレミートアップ」のタグが日本のトレンド3位にランクインしました。

大坪:チャンカレさんはいかがでしょうか?

 

 

チャンカレ:うちは「チャンカレミートアップ」ですね。

 

大坪:チャンカレミートアップ? 何かのイベントですか?

 

チャンカレ:はい。私が入社する前の話なんですが、2018年(平成30年)11月に行われたイベントで、Twitterの日本支社のツイッター・ジャパンさんとのコラボで行いました。

 

大坪:え、Twitter運営とのコラボですか? 何がきっかけだったのでしょう?

 

チャンカレ:イベントのきっかけは商品の「箱つぶれ」です。発送したレトルトカレーの段ボールがつぶれてしまい、多くの返品が発生した時がありました。

 

大坪:それは大変です。

 

チャンカレ:幸い中身は無事だったので、抽選で企業公式アカウント1社にプレゼントする企画を実施したんです。

 

 

すると、このツイートを見たツイッター・ジャパンの「中の人」から、「東京のTwitter社のオフィスでチャンカレパーティーしませんか」とご連絡いただき、イベントを実施する流れになったんです。

 

大坪:なんと! Twitterさん、粋ですね。

 

チャンカレ:ですよね。こうしてTwitterさんにも協力してもらい、企業公式アカウントを担当する100名を招待して、チャンカレを食べながら、Twitterの運用方法についてトークするというイベントを開催しました。

 

大坪:これは楽しそうです。

 

チャンカレ:イベント中は「#チャンカレミートアップ」のハッシュタグを付けてツイートするようにしたんです。

 

そうしたら「#チャンカレミートアップ」のタグが、2018年11月22日の日本のトレンド3位にランクインしました。

 

 

大坪:「#チャンカレミートアップ」で調べてみると、1000件以上のツイートがヒットしました。また、ヒットしたそれぞれのツイートのリツイート数を合計すると6,000リツイートを超えています。相当のトレンドだったのではないかと思います。

 

しかも、最新のツイートは約1ヶ月前の2月24日です。開催から3年近く経過しているイベントなのに、いまだにこのハッシュタグが使われているとはすごいです。参加した皆さんがいまだにつながって、話題にしているようです。

 

すごいですね。皆さんのお話をお聞きしていると、ポイントは「フォロワーさんと一緒につくる」なのかなと思いました。

 

HOKUROKUもフォロワーさんと一緒に盛り上がれる体験をつくりたいです。

 

(編集長のコメント:「#チャンカレミートアップ」のタグが日本のトレンド3位にランクインしただとか、シロエビがキリマンジャロの空を舞っただとか、すさまじい実績の数々ですね。

 

あらためて座談会に参加した企業のすごさが、伝わるエピソードだったのではないでしょうか。

 

次は第3回、Instagramの成功事例へと話は続きます。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。