片手間では済まされない。THE「愛されるSNS」論。(後編)

2021.03.23

vol. 01

「中の人」の人柄やユーモアが見える投稿が多くてもいい。

ちょっと前書き。

前編に引き続き「愛されるSNS」(ソーシャル・ネットワーク・サービス)論の座談会の司会を務める、HOKUROKU副編集長の大坪史弥です。

 

前編では〈カレーのチャンピオン〉を展開する株式会社チャンピオンカレーのチャンカレさん、〈8番らーめん〉を展開する株式会社ハチバンのハチコさん、〈しろえびせんべい〉を製造・販売する日の出屋製菓産業株式会社のSNS担当・尾間俊雄さんに、運用体制やインフルエンサーマーケティングなどを聞きました。

 

アドバイザーとしてみーもぐさん、高橋舞衣さんにも座談会に参加してもらい、インフルエンサーの立場から愛されるSNS論について同じく意見をもらってきました。

 

みーもぐさんは〈Instagram〉や〈YouTube〉で富山のグルメ情報を発信している方で、高橋さんは富山のタウン誌〈Takt〉で編集長を経験した後に独立。現在は県内外の媒体で執筆や編集をする方です。

関連:片手間では済まされない。THE・愛されるSNS論。(前編)

前編ではどの企業の公式SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)担当者も、本業との兼務が求められる中で、さまざまな苦労と工夫を重ねていると分かりました。

 

企業の側からインフルエンサーと言われる人たちに、試食会や試供品のお誘いがかなりの頻度であるといった話もありましたし、そうした「PR案件」が乱発されると、インフルエンサーにとっても、企業にとっても、好ましくない状況が起こるなどの話もありました。

 

前編まではどちらかというと、SNS運用の実態・現状を総論的に話し合う内容が多かったと思います。後編からははより具体的な運用の話に進んでいきます。

 

後編も引き続き同じメンバーでオンライン上で座談会をします。

 

インタビューの様子。場所は〈水辺の民家ホテル〉(富山県射水市)

普段なら下手したら10割業務に関係ない投稿をしている時もあります。

大坪:それでは引き続き座談会を進めさせてもらいます。次の話題は投稿するコンテンツについて聞かせてください。

 

いずれのSNSにおいても、コンテンツを投稿する必要があります。一方で先ほどの話にもありましたが、商品PRの投稿ばかりでは親近感やコミュニケーションは生まれず、アカウントのファンは増えにくと思います。

 

フォロワーと仲良くなるためには仕事に関係のない日常的な内容などを投稿していく必要もあると思うのですが、そのバランスはどのようにお考えでしょうか?

 

チャンカレさん。

チャンカレ:うーん、特に意識しているわけではありませんが、業務に関係ない投稿が7割、PRの投稿が3割くらいじゃないでしょうか。

 

今年は弊社が60周年なので企画やPRの内容が多めになっていますが、普段なら下手したら10割業務に関係ない投稿をしている時もありますよ。「ラーメン食べた」とか「おはよう」とか。

 

先日もこのような「朝のあいさつツイート」をしたんですが、なぜか企業公式アカウントの中でどんどんリツイートされていきました。業務に直接関係ない内容ですが、最終的に150リツイートくらいされましたね。

 

 

大坪:カレーの絵文字が回転している。

 

ハチコ:これ見ました! これチャンカレさんのツイートだったんですね。

 

チャンカレ:そうなんです。ちょっと手の込んだ「おはよう」ツイートです。

 

左上からチャンカレさん。上段中央がインタビュアーの大坪。右上が高橋舞衣さん。左下がみーもぐさん、下段中央がハチコさん、右下が日の出屋製菓産業の尾間俊雄さん。

チャンカレ:絵文字って会社のサービスを表現しやすいんですよね。なので他の企業公式アカウントの中の人たちも、このツイートの絵文字を変えて投稿してくれるんじゃないかな、と若干の狙いもありました。予想外にリツイートされて驚きましたが。

 

情報としてはカレーの絵文字と「おはよう」だけですもんね。仕事とほとんど関係ないですよ。

 

大坪:確かに(笑)

 

チャンカレ:ただ先ほどのインフルエンサーの話にもありましたが、PRの投稿ばかりしていても、無機質というか人柄が伝わらないので、なかなかファンも増えていかないと思うんですよ。

関連:片手間では済まされない。THE・愛されるSNS論。(前編)

限度はあると思いますが、フォロワーさんに受け入れてもらっているのであれば「中の人」の人柄やユーモアが見える投稿が多くてもいいのではないかと思います。

 

大坪:確かに。フォロワーさんに受け入れてもらっているのが大前提ですね。他の方はいかがでしょう?

 

尾間俊雄さん。

日の出屋:私も大体7:3くらいですかね。Twitterに関しては日常的に投稿する分、結構ネタに困るんですよね。

 

ネタがないときは「#企業公式が各地の天気を言い合う」みたいなハッシュタグで天気をつぶやいたり、記念日を調べて、「今日は○○の日です」とつぶやいたりします。そこから無理やり商品の話題につなげます。

 

例えば「今日は満月なんで、しろえびせんべいが食べたいですね」とか「丸いものを見たらしろえびせんべいがたべたくなりますよね」とか。

 

ぶっちゃけかなり強引ですし、お客さまも分かっているとは思いますが、とりあえずなんでもつぶやくようにしています。

 

 

大坪:確かに若干の強引さは伝わりますね(笑)でもファンからすれば、こうした試行錯誤な感じもある種「ネタ」というか。親近感がわいてくるような気がします。

 

ハチコさんはいかがでしょう?

 

ハチコさん。

ハチコ:私はあんまり日常的な投稿はしていないかもしれませんね。過去にはそういう「おしゃべり」的な投稿もしたんですが、あんまり引きが良くなくて。

 

うちの場合は新商品の味や開発秘話といった投稿の方が読んで頂けますね。あと8番らーめんでは毎月8日・18日・28日を〈8の日感謝デー〉と称して、割引を実施しています。なので「8の日には必ず投稿する」といった小さな目標を立て、なるべく露出を増やすようにしています。

 

 

大坪:なるほど。日にちや曜日にちなんだパターンがあると、フォロワーとのお決まりのコミュニケーションも生まれそうですね。

 

 

チャンカレ:そこで言うと、8番さんにつくってほしいハッシュタグがあるんですよ。

 

ハチコ:アイデア大歓迎です! なんでしょうか?

 

チャンカレ:北陸の人ならよく知っている「なんでやろ、8番」のキャッチコピーがあるじゃないですか?

関連:漫画家ちさこ先生と考える。「8番らーめん」の愛し方・愛され方。

あのコピーにあわせて「#なんでやろ」のハッシュタグを付け、日常のあるあるをつぶやいていく、みたいなルーティン企画をやると面白いと思うんですけどどうでしょう?

 

例えば「家出る時に鍵閉めたかどうかって忘れるよね。#なんでやろ」みたいな感じです。もしやってくれたら私もどんどんつぶやいていきます。

 

日の出屋:それいいですね。北陸の公式SNSの人たちも乗ってくれそうな気がします。

 

ハチコ:面白いですね! 毎朝となるとちょっと大変ですが検討してみます(笑)

 

大坪:企業の公式SNSの人たちって謎の団結力がありますよね。ネタみたいなツイートもリツイートしあったり。

 

ハチコ:分かります。なんとなくグループみたいなのもできているような気がします。

 

日の出:みんな孤独というか、会社の中に理解者が少ないからじゃないですかね? 企業間コラボのきっかけにもなりますし、個人的には面白いなと思います。

 

大坪:確かにTwitterの何気ないコミュニケーションから、コラボレーションやイノベーションが起きる可能性もあるかもしれませんね。

 

「#なんでやろ」でつながり合える日を楽しみにしています。

 

(編集長のコメント:HOKUROKUとしては、この特集をきっかけにユニークな「コラボ」が北陸でどんどん生まれる日を夢見ています。

 

個人的には日の出屋製菓さんの「丸いものを見たらしろえびせんべいがたべたくなりますよね」という話、ちょっと笑ってしまいました。

 

確かにすさまじく強引ですが、何か許せる愛おしい押しの強さだと思いました。月とせんべいを置き換えた写真もシュールでしたね。

 

次は第2回、過去一番にTwitter上で盛り上がった各社の成功事例に続きます。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。