100年前のニュースに学ぶ。北陸3県の「スペイン風邪」365日。

2020.06.11

vol. 04

大戦の終わりと集落の全滅。

(パンデミック警戒フェーズ32:6)

大正時代の福井駅。※画像はイメージです。Licensed under public domain via Wikimedia Commons

巡洋艦・矢矧の艦内で一等機関兵が死んで33から、およそ1年がたった1918年(大正7年)11月18日、福井の市内では、スペイン風邪のパンデミ―を経て、閉鎖されていた各小学校が、休校を解除し始めていた。

 

もちろん、現代の感覚で言えば、下火とは到底言えない状態だった。福井市内では17日に25名、18日には21名、19日には正午までに6名の死亡者が出ている。新型コロナウイルス感染症の場合、ピーク時でもこれほどの死者は出さなかった。

 

しかし、最初に感染が拡大した福井の市街地では、風邪が「下火」になったと考えられていた。

 

福井が特別なわけではない。石川の小松でも学校が再開され、小松中学校の生徒が19日、能美郡御幸村(現・小松市)石川種馬所付近で、演習を行っている。当時からすれば、社会の再始動は一般的な感覚だったのだ。

 

金沢のまちの全景。※写真はイメージです。写真提供:金沢市立玉川図書館

この年、北陸の山間部ではすでに雪が降っていた。福井でも九頭竜川の上流では、紅葉の見ごろが過ぎ、落葉が始まっている。

 

その九頭竜川の上流域に、面谷(おもだに)という集落がある。この鉱山の集落の歴史は意外に古い。

 

江戸時代の1682年(天和2年)に、大野藩が城下の大野町民に面谷の経営を任せ、運上金を納めさせている。1791年(寛政3年)には藩の直営に移して、廃藩置県を迎えるまで、藩による面谷の経営は続いた。

 

明治の最盛期には銀の生産が全国16位、銅の生産が27位に達した。

 

面谷はかつて、豊かな集落だった。最盛期、旧城下の大野町に電気がない時代でも、面谷川の流れを使って自家発電を行い、面谷は電話・電信を持っていた。驚くべき話として、集落には劇場もあった。当時は「穴馬の銀座」と呼ばれている。最盛期の人口は600戸、3,000人に達した。

 

ただ、集落は鉱山の経済活動と運命を共にしている。明治の中ごろから大正の初めがピークで、面谷がスペイン風邪で被害を受けるころには、景気は斜陽に傾き始めていた。

 

この時期34、面谷の人口は1,000人弱まで減っている。銅が値下がりし、衰退の兆しが、避けられない染みのように、確実に集落に広がり始めていた。

10月の慰安会。

全盛期の面谷鉱山 提供: 大野市歴史博物館

10月、面谷では鉱山の劇場で、慰安会が催されていた。会場では診療所の伊藤院長が、福井市や大野町などで悪性の風邪が流行していると、集落の人たちに注意を促した。北陸3県の市中で、スペイン風邪のパンデミーが始まったころである。

 

面谷は山に囲まれている。山あいにある集落の常として、秋の日の太陽は恵みが薄かった。朝夕の寒さは厳しく、この年は11月の中ごろでも、ひざ丈まで雪が降り積もっている。

 

この面谷に、どのようにウイルスが入り込んだのか。

 

この時代、まだ車は珍しかった。10里35離れた大野の市中からは、明治期に整備された、荷車が通れるくらいの道を、新雪を踏みしめながら歩かなければならない。

 

10月の中ごろ、伊藤院長が鉱山の劇場で流行の風邪に注意を促した直後、皮肉にもその面谷に、最初の熱性患者が現れた。

 

鉱山の集落である面谷は、現代の表現で言えば、集落自体が「3密」のような場所である。感染者が出始めると、各家庭で家族が枕を並べるようになるまで、長い時間は要さなかった。

 

最初の患者が出てから約1カ月36の間に、鉱山で働く360名の労働者・事務員・役員のうち、健康な人はわずか3名だけとなる。

 

鉱山の作業者や事務員は、家にウイルスを持ち帰る。その結果、家庭内で感染が拡大し、老いも若きも次々と病に倒れていった。集落の「全滅」の始まりである。

「今や全滅のふちにひんしている」

全盛期の面谷鉱山 提供: 大野市歴史博物館

スペイン風邪の特徴は、致死率の高さにもある。入院中の鉱山の作業員は、2名、3名と冷たくなっていった。しかし、家族も病に伏しているため、誰もみとる者が居ない。

 

面谷にある郵便局も機能を失った。かろうじて仮設の事務所を診療所に設け、窓口業務を継続すると、一家の主を失った作業員の妻が、青ざめた顔でつえをつきながら、郵便貯金を引き出しに現れた。

 

対応する郵便局の局員も、病児を背負いながら応対していた。言うまでもなく、狭い鉱山の集落では、誰もが顔見知りである。

 

事情を知る郵便局員は、自らも病児を背負いながら、家族を失った者の悲惨さを嘆き、泣いた。

 

鉱山で唯一の診療所も、機能を停止していた。新型コロナウイルス感染症でも発生した、院内感染である。当時の診療所の人員は、伊藤院長に薬剤師、看護師と他2名の計5名だった。その医療従事者たちも、病に侵され枕を並べ、苦しんでいた。患者が診療所を頼って現れても、誰も診られない。

 

この面谷の惨状を当時、大阪朝日新聞は北陸版の紙面で「今や全滅のふちにひんしている」と報じている。

 

流行が始まって1カ月で、90名近くが死んだ。幸い病気を免れた数名の若者が、死者の始末をした。

 

しかし、集落の火葬場で対応できる人数は限られていた。死者が列をなし、そのうち火葬場の建物は、連日の火葬の余熱でついに焼失する。仕方なく若者たちは、野で仏を火葬した。

 

亡くなった人たちは、ほとんどが法名も持たず、お経もあげてもらえないまま、白骨となっていった。死に際に誰にもみとられない悲しみは、現代人にとっても100年前の人たちにとっても、何ら変わりはない。

足羽川では花火が打ち上がった。

福井城にあった松平試農場(1910年(明治43年))※画像はイメージです。Licensed under public domain via Wikimedia Commons

この年37の11月11日、ドイツと連合国の休戦協定が締結され、第一次世界大戦が終結した。感染の「ピークを過ぎた」福井市の中心部では、祝賀会が計画されていた。

 

市内に国旗が掲げられ、各小学校は午前10時に授業を休みにして、行列を組織し、小さな旗を手にして、まちをねり歩いた。一般市民はちょうちん行列を催している。

 

祝賀の余興として、足羽川では午前中に10発、午後に60発、夜に20発の花火が打ち上がった。

 

その準備の様子を報じた大坂朝日新聞の北陸版には12月3日、面谷の記事も載っている。

 

報道によれば、面谷鉱山の感冒38は猛烈を極め、980名の住民うち、9割7分に相当する899名が病に侵され、全山全滅の姿となった。その感冒が、ようやく終息に近づいたと書かれている。

 

しかし、時の流れは面谷に厳しかった。日本は翌年の1919年(大正8年)以降、世界的な銅の需要の低下と、海外製の安い銅に押されて、輸出国から輸入国に転落している。

 

鉱山の経営は年を追うごとに厳しくなり、スペイン風邪が全村を「全滅」の危機にさらしてから4年、面谷は廃坑となった。

 

生き残った全住民は故郷を捨て、福井市、大野町、名古屋、岐阜、東京など各地へ離散した。面谷には今も、墓石だけが残されている。

 

(編集部コメント:次は最後の第5回、「波状攻撃」に続きます。)

32 WHO(世界保健機関)の世界的インフルエンザ準備計画における現在の警戒フェーズを参考にしている。フェーズは全5段階、プラス、パンデミックピーク後、パンデミック後に分かれる。フェーズ6はパンデミックが市中レベルで起きている状態を指す。

33 1917年(大正6年)12月4日

34 1918年(大正7年)11月

35 40kmほど

36 11月20日まで

37 1918年(大正7年)

38 呼吸器系の病気の呼び名

この記事を書いた人

坂本 正敬

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。