100年前のニュースに学ぶ。北陸3県の「スペイン風邪」365日。

2020.06.12

vol. 05

波状攻撃。

(パンデミック警戒フェーズ39:パンデミックピーク後、およびパンデミック後)

金沢城と兼六園の間を通る百間堀通(1919年(大正8年))※画像はイメージです。

スペイン風邪の第1波は、市中で感染が始まった1918年(大正7年)8月から、翌年の7月と言われている。

 

数カ月の間をおいて、1919年(大正8年)の10月から次の年40にかけ、スペイン風邪の第2波が北陸を襲う。

 

第2波については、金沢に司令部を置く陸軍の第7連隊(第9師団の一部)にて、195名の患者が出て、35人が重症化し、4名が死亡したと、1920年(大正9年)1月7日の北國新聞が報じている。

 

同じく北國新聞の1月7日の紙面には、第2波に関する石川の被害の様子が報じられている。スペイン風邪による患者数は、石川県内で2,641名に達し、7日の時点で88名が死亡していた。

 

第2波は患者の数が第1波と比べて少なかったが、患者の死亡率は5倍に達した。この事実は、第2波に備える現代の人たちに、何事かを教えてくれている。

 

第3波も影響は少なかったが、第2波が1920年(大正9年)7月に終わって間もなく、8月から翌年41の7月まで、北陸の人たちを苦しめた。

 

この一連のインフルエンザ大流行は後に、人間の歴史上、最悪の「インフルエンザ・パンデミー」と呼ばれるようになった。

北陸3県で1万6千の死者が出た。

大正時代の福井駅。※画像はイメージです。Licensed under public domain via Wikimedia Commons

スペイン風邪で亡くなった人の数は、国内で38万5千人と言われている。数年後の1923年(大正12年)に起きた関東大震災では、死者・行方不明者が約14万人とされている。

 

当時の北陸の人口を見ると、

 

福井:616,652名
石川:822,041名
富山:815,838名

 

で、第1~3波の患者数と死者の数は、

 

福井:患者253,664名・死者5,712名
石川:患者174,513名・死者5,085名
富山:患者398,159名・死者5,455名

 

に達した。北陸3県の患者の合計は82万、死者は1万6千を超えている。この深刻さは、新型コロナウイルス感染症の比ではない。

 

しかし、最大の驚きは、北陸3県だけで1万6千人以上の死者を出し、82万人の患者を生んだスペイン風邪も、被害の少なかった第3波のピークを過ぎると、あっという間に世間から忘れられた点にある。

 

北陸だけではない。日本全体、さらに言えば世界を見渡しても、スペイン風邪に関する資料は、その深刻さに比べて、圧倒的に少ない。

 

その理由は、主に2つ考えられる。1つは、スペイン風邪の流行中、世界史の動きがあまりにも激しかった。第一次世界大戦があり、ロシア革命があり、各国のシベリア出兵があった。

 

2つ目は、国内においても、日本国民の意識が大きく変わろうとしていた激動の時代だった。米騒動が起き、内閣が倒れ、明治時代から続く議会政治を、国民が打ち破ろうとしていた。いわゆる、大正デモクラシー42の真っただ中である。数年後43、関東では大震災もあった。

 

繰り返しになるが、この時点で人類は、ウイルスの存在を知らない。それでも、当時の北陸の人たちは、限られた情報と経験則を基に、スペイン風邪と戦った。

 

この時代の教訓を、激動の歴史に埋もれさせては、あまりにも死者に申し訳が立たない。

 

この先に予測される新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波が来た時、100年後に暮らす人たちの手本になるような行動を、1人1人が可能な範囲で取れるように、「波間」に居る今こそ、100年前の悲劇に思いをはせる好期なのかもしれない。

 

文:坂本正敬
編集:大坪史弥、坂本正敬
編集協力:中嶋麻衣

[参考資料]
内務省衛生局 『流行性感冒 スペイン風邪』大流行の記録(東洋文庫)
神奈川県警察部衛生課『大正七、八年大正八、九年流行性感冒流行誌』
石川県史編集委員『石川県史 現代篇(1)』(石川県)
富山県『富山県史 通史編Ⅵ 近代下』(富山県)
毎日コミニュケーションズ出版事業部編『大正ニュース事典』(毎日コミュニケーションズ)
速水融著『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ―人類とウイルスの第一次世界戦争』(藤原書店)
石川県編『石川県史 現代篇(1)』(石川県)

[参考新聞]
北國新聞
北陸タイムス
富山日報
大阪朝日新聞

[富山県立図書館調査課の回答資料]
富山県編『富山県史 通史編 6 近代下』(富山県)
富山県編『富山県史 資料編 7 近代下』(富山県)
富山地方気象台編『富山県気象災異誌』(日本気象協会富山支部)
富山市編『富山市史』(富山市)
富山市編『富山市史 附録』(富山市)
井波町編『井波町史 上巻』(井波町)
北日本新聞社編『新聞に見る90年 上』(北日本新聞社) 
北日本新聞社編『新聞に見る20世紀の富山1』(北日本新聞社)
富山新聞社編『清泉に華ありて 県立富山高女・富山女子高校学園物語』(富山新聞社) 
『富中富高百年史』
富山聯隊史刊行会編『富山聯隊史』(富山聯隊史刊行会)

[石川県立図書館利用サービスグループ調査相談担当の回答資料]
石川県史編集室編『石川県年表 大正篇』(石川県教育委員会)
石川県農林部共編『石川県災異誌』(金沢地方気象台共編 気象協会金沢支部)
金沢市史編さん委員会編集『金沢市史 通史編3』(金沢市)
伊佐一男、長沢子朗共編『金城連隊史』 
第九師団戦史編さん委員会編『歩七戦友会第九師団戦史』

[福井県立図書館郷土資料グループの回答資料]
大野市編『大野市史 通史編下』(大野市)
39 WHO(世界保健機関)の世界的インフルエンザ準備計画における現在の警戒フェーズを参考にしている。フェーズは全5段階、プラス、パンデミックピーク後、パンデミック後に分かれる。パンデミックピーク後は、パンデミックのピークは過ぎたものの、第2波に備える必要がある状態。パンデミック後は、通常の季節性インフルエンザで見られるような感染レベルに戻った状態を指す。

40 1920年(大正9年)

41 1921年(大正10年)

42 大正時代に起こった、民主主義、自由主義を求める風潮

43 1923年(大正12年)

この記事を書いた人

坂本 正敬

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。