コロナ後も考えてみた。愛される場所のつくり方。

2020.05.31

第1回

自分が行きたい場所じゃないと、つくる意味がない。

左からWE建築計画の1西出雅史さん、グリーン・ノート・レーベルの2明石博之さん、CORARE ARTISANS JAPANの3山川智嗣さんと4山川さつきさん。

坂本:今日は、よろしくお願いします。お忙しい中、素晴らしいメンバーに集結してもらいました。

 

座談に先駆けて、最初にこの特集の企画者である『HOKUROKU』編集長の坂本から、集まってもらった意図を説明させてもらいます。

 

若い世代を中心に、北陸に暮らす人たちから「地元には行く場所がない」とか「遊びが何もない」という言葉を耳にします。

 

もちろん、実際には行く場所もそれなりにあって、ここに集まってくれた皆さんは、富山に、石川に、この北陸に、カフェだとか、宿だとか、レストランだとか、バーだとか、すてきなスポットをたくさんつくってきてくれたわけです。

 

しかし、東京や大阪などの大都市と比べても負けないくらい、北陸のそこかしこにワクワクするようなお出かけ先が十分にあふれているかと言えば、そうではないかもしません。

 

「じゃあ、お前がつくれよ」と言われるかもしれませんが、言い訳がましく言えば、HOKUROKUはメディアです。お店づくりの知識もノウハウも経験もありません。「お前がやれ」と言われたら、「できません」と、しょんぼりこうべを垂れるしかないわけです。

 

しかし、メディアである以上、これから北陸に何かすてきな場所を立ち上げたり、愛される拠点をつくりたいと考えたりしている未来の経営者たちに、有益な情報を届ける仕事はできるはずです。

 

HOKUROKUのミッションは「北陸の暮らしを豊かにする」です。愛される場所づくりに関する有益な情報を未来の経営者たちに出せれば、北陸に暮らす人たちが休日のお出かけ先に困らない世の中づくりを、後方からサポートできるわけです。

 

ならば、北陸ですでに素晴らしい拠点を立ち上げている人たちを呼んで、これまでの道のりを語り合ってもらい、その言葉が後から続く人たちの「導きの糸」になるようなコンテンツをつくりたいと思いました。

 

そこで今回は、富山で大人気のカフェ<cafe uchikawa 六角堂>や<水辺の民家ホテル>など数々の拠点を立ち上げてきた、HOKUROKUプロデューサーでもある明石博之さんと、富山の井波で古民家をリノベーションして宿やカフェやラウンジなどの商業施設を次々とオープンさせてきたCORARE ARTISANS JAPANの山川智嗣さん、山川さつきさんに集まってもらいました。

 

また、場所づくりの経験を持たない素人の私が、小賢しく司会進行役やインタビュアーを務めるよりも、実務経験が豊富にある人に助けてもらった方がいいはずです。

 

そこで、建築家として北陸でさまざまな商業施設づくりを手掛けてきたWE建築計画の西出雅史さんをお呼びし、今日の司会進行役をお願いしています。

 

西出:今日はよろしくお願いします。

 

山川:ということは、西出さんがインタビューするんですか?

 

西出:そうなんです。人生で初めての経験なので、緊張しています。本当に大丈夫ですかね(笑)

 

山川:てっきり、西出さんはインタビューを受ける側だと思っていました。

 

 

坂本:事前に、西出さんとはどのような話をするか、丁寧に打ち合わせもしているので、皆さん安心して西出さんの司会進行に身をゆだねてもらえればと思います。

 

HOKUROKUの人間である私は、時々話に横入りしますが、あくまでも書記係のような役割に徹します。

 

西出:それでは、早速始めさせてもらいます。いきなりの質問で恐縮ですが、山川さんが手がけてこられた宿や飲食店は、すごいところにありますね。なぜここでやろうと思ったのですか?

 

坂本:すごいところとは、富山県南砺市の井波地区という、人口が8,000人ほどしか居ない静かな土地という意味ですね。

 

西出:はい。

 

山川:一時期、中国で働いていて、2016年(平成28年)に帰ってきました。当時は東京で設計事務所を開業する選択肢もありましたが、ちゃんとしたものづくりに携わりたいと考えていました。

 

たまたま僕も妻も井波にご縁があり、ネコと暮らせる家を買いました。建具屋さんを営んでいたすごく大きい家だったので、1階に僕たちが住んで、2階は宿泊できるようにすればいいんじゃないか、という発想が全てのスタートです。

 

元建具屋をリノベーションした宿<TATEGU-YA>。木彫刻家・田中孝明さんの作品を展示している。写真提供:CORARE ARTISANS JAPAN。

「宿泊した人がまた来たくなるまちとは、どんなまちなんだろう」と考えたら、知り合いができただとか、地元の人との出会いがあった場所だと思いました。

 

木彫刻が盛んな井波には、人口8,000人のまちに200人近くの彫刻家が暮らしています。そこで「職人に弟子入りできる宿」というコンセプトが決まりました。ワークショップなどを通じて、その職人さんともう一度会いたいだとか、何か機会があったときに作品を頼みたいと思えるような接点を、<BED AND CRAFT>を通じて提案できたらと思いました。

 

さつき:建具屋さんが宿としてオープンした後は、泊まりに来た上海の友人が『いいな、俺も欲しい』と言うので、井波で新たに物件を買う話にもなりました(笑)

 

西出:すごい友人ですね(笑)

 

山川:その友人も別荘として年数回しか使わないのでもったいないから、ホテルにしようかという話になりました。それがBED AND CRAFTの2軒目です。オープンして人が集まるようになると、次第に長期宿泊をする外国人も増えていきました。

 

養蚕(ようけい)で栄えた豪商の家をリノベーションした2軒目の宿<TAË>。漆芸家・田中早苗さんの作品を展示している。

山川:宿をオープンした当初は、まちでご飯を食べてもらっていました。しかし、お店の数も少ないので、3日連続ですし屋に行くようなファンキーな人も現れてきました(笑) あまり健康にも良くないから、地元の野菜を使って料理ができるキッチン付の長期宿泊用ホテルをつくろうという話になります。それが、<KIN-NAKA>です。

 

元料亭をリノベーションした宿。1棟に<KIN-NAKA>、<MITU>、<TenNE>と3つの異なる宿泊空間が同居している。

西出:ないものや必要なものを、次々とつくっていったのですね。

 

山川:そうなのです、と言いたいところですが、実は少し違っていて。そのころ、いろいろなメディアに取り上げてもらって、「宿泊客の7割が外国人」みたいなタイトルの記事で取り上げられる機会が増えました。

 

すると、逆に興味を持った日本人が増えて、車で来るお客さんが増えました。以前は金沢からバスで1時間かけて来てくれる、外国人旅行者が主体だったのですが。

 

車で来るお客さんが増えると、朝早くチェックアウトして、金沢などの観光地に行ってしまう方も出てきます。井波のまちに暮らす職人さんたちと交流を楽しんでもらいたいのに、このままではまずいと思いました。

 

そこで、チェックインを別棟にして、まちを散策しながら自分の宿を探してもらうフロント<BnC LOUNGE>と、スタッフや地域住民と交流できるカフェ・バー<nomi>をつくりました。

 

座談が行われた<BnC LOUNGE>(奥)と隣接したカフェ・バーの<nomi>。

西出:ビジネスを始める、場所を立ち上げる時に、何を優先して考えているのでしょうか。サービスから場所を決める考え方もありますし、場所からサービスを決める考え方もあるはずです。

 

例えばコンビニエンスストアなどのフランチャイズでは、サービスは最初から決まっています。なので、サービスありきの場所選びだと思います。一方で、場所ありきのサービスでも、サービス内容を決定するまでには、人口や観光客数、近隣商業施設の有無など、数々の検討事項が絡んでくるはずです。

 

山川:僕はお話した通り、場所ありきのサービスです。場所の資源とか魅力を生かした建築や空間を提供してるので。明石さんもそうなんじゃないですか? 六角堂とか。

 

 

明石:僕もそうですね。六角堂をつくった理由は、僕自身が安心して食べられる飲食店が欲しかったからで、じゃあつくっちゃえって。自分が楽しめるお店や場所をつくって、その延長線上でお客さんや友だちが楽しんでくれればいいなって思っていました。

 

さつき:今から場を立ち上げようとする人の話を聞いていると、どうやったら顧客が楽しんでくれるか、考えすぎている印象があります。もちろん、それはそれで大切なのですが、明石さんの言う通り、自分たちがまず楽しいと思える場所にした方が、いいのではないかと思います。

 

明石:自分が行きたいカフェじゃないと、場所をつくる意味がないと思う。

 

山川:以前にある人から、「何もないまちですけど、私たちにもできますか」と相談されたんです。けれど、何もないまちは存在しません。そのまちをいかに引き立たせて、楽しみながら伝えられるか、それが僕たちの仕事なのかなと思います。

 

座談会が行われた<BnC LOUNGE>とその周辺。

(編集部コメント:第2話に続きます。)

西出雅史 
一級建築士、WE建築計画・代表、BRANCH合同会社・代表社員、金沢科学技術大学校建築学科・非常勤講師
1987年(昭和62年)千葉県生まれ、石川県育ち。各国を放浪後に建築設計事務所<WE建築計画>を設立。主に商業建築(<hammock cafe Amaca>など)、住宅の設計を中心に活動中。2019年(平成31年/令和元年)植物好きが高じて、珍奇植物店ashitaba(運営BRANCH合同会社)を石川県小松市にオープン。
 
明石博之
場ヅクル・プロデューサー、グリーンノートレーベル株式会社・代表取締役、株式会社コンショク・代表取締役、<カフェuchikawa六角堂>、<水辺の民家ホテル>・オーナー
1971年(昭和46年)広島県尾道市(旧因島市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。卒業後、まちづくりコンサル会社に入社。2010年(平成22年)に妻の故郷である富山県へ移住。漁師町で出会った古民家をカフェに「リノベ」した経験をきっかけに、まちの価値を拡大する「場」のプロデュース、空間デザイン、まちづくりに取り組んでいる。
 
山川智嗣
代表取締役、建築家
富山県生まれ。明治大学理工学部建築学科卒業後、プランテック総合計画事務所入社、カナダに留学後、2009 年(平成21年)中国上海へ。チーフデザイナーとして多くの公共建築、商業建築の設計に携わる。上海で2011 年(平成23年)トモヤマカワデザインを設立。2017 年(平成29年)職人と新たな価値を創造する、株式会社コラレアルチザンジャパンを設立、職人に弟子入りできる宿泊施設<BED AND CRAFT>をプロデュースするなど、クリエイティブディ レクターとしても活躍している。
 
山川さつき
取締役、建築家
兵庫県生まれ。金沢工業大学工学研究科博士前期課程建築学専攻卒業後、プランテック総合計画事務所入社。2009年(平成21年)中国上海へ、多くの商業建築の設計に携わる。2011年(平成23年)トモヤマカワデザインを山川智嗣と共同設立。株式会社コラレアルチザンジャパンを山川智嗣と共同設立後、上海でのオリエンタルなデザイン経験を古民家改修で表現する。
 
山川さんたちの暮らす富山県南砺市の井波地区は人口が8,000人ほど。かつて鉄道が走っていたが廃線となり、公共交通は現在、ローカルバスのみ。
 
「職人に弟子入りできる宿」をコンセプトに、井波地区の空き家を活用した宿泊施設のブランド名。
 
明石博之さんが富山県射水市の新湊地区につくった<cafe uchikawa 六角堂>。年間で2万人以上が訪れる人気のスポット。

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。