今年もお世話になりました。2021年に最も読まれたHOKUROKUの特集。

2021.12.29

vol. 03

競合との差別化が難しい業種で働く人へ(第3位)

 

「編集の仕事の基本は『人探し』である」との格言があります。

 

まさにその格言どおり、ある人との出会いが起点となって生まれた特集が第3位に入りました。

 

ほくりくアイドル部のプロデューサーと日本一のマジシャンで考える。THE「セルフ・プロデュース」論。

日本一のマジシャンが金沢に居るとご存じですか?

 

クロースアップ・マジック(観客の目の前でやるマジック)の分野で日本一に輝き〈マジックカフェ&バーBELIEVE〉を金沢で経営するヤマギシルイさんです。

 

そのヤマギシさんを中心に何か特集が組めないかと考えた時、プロスポーツチームの公式応援ソング制作や〈ほくりくアイドル部〉のプロデュースなどを手掛けるミュージシャンの中新賢人さんとの新たな出会いが生まれ、上述の企画へとたどり着きました。

 

ショービジネスの世界で活躍するお2人の言葉は競争相手との差別化が難しい業種で働くあらゆる仕事人にも役立つと思います。

 

お2人との出会いそのものが〈HOKUROKU〉の今後の展開にとって大切だったと今では感じています。

 

「自分の強みは○○が見付ける」なんて言葉もありました。「○○」は何だと思いますか?

 

まだ読んでいない人は、ぜひご一読ください。こちらは目次+第1話が無料、第2~5話が月額会員限定です。

 

(副編集長のコメント:ショービジネスは北陸で少なく、どこか縁遠い世界に感じる人も多いのではないでしょうか。

 

ですが「人に見られる仕事」と考えると多くの人に生かせる教訓が詰まっているはずです。セルフイメージを2022年から変えたい人は必見です。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。