置く、掛ける、つるす。陳列と展示の正解。

2020.06.29

vol. 01

「なんとなく格好いい」に頼ってはいけない。

 

 

坂本:はじめまして。『HOKUROKU』の坂本と申します。本日は、よろしくお願いします。

 

:こちらこそ、よろしくお願いします。

 

坂本:外に大きな「紙」という看板を見付けたのですが、このアトリエは何かのお店だったのですか?

 

筧:はい。曾祖父母が明治の終わりに、この場所で紙屋を創業しました。平成まで続いていたのですが、令和に時代が移り変わるとともに、お店を閉めました。

 

筧さんのアトリエの外観。裏は足羽山。

その後、今度は私がアトリエ兼仕事場として再オープンをしました。今後はワークショップなども開催する予定です。外の看板は迷ったのですが、せっかくなので歴史を重んじて残しました。

 

坂本:アトリエの中には画家としての筧さんの作品も展示されています。画家としては、どのような経緯でキャリアを歩み始めたのでしょうか?

 

筧:福井の越前市に私の尊敬する画家さんがおられて、その方の存在が絵を始めたきっかけです。先生の絵に衝撃を受け、その先生が教室を開いていると知って、翌日には習いたいと入門していました。

 

坂本:アトリエには、お母さまの絵も展示されています。ご家族は、根っからの芸術家系なのでしょうか?

 

筧:いえ、そうでもありません。父は学校の体育系の教師です。ただ、先ほどお伝えしたとおり、小さいころから、自宅には奇麗な色紙や和紙がありました。そうした美しい物に触れて育ったという環境はあったかもしれません。

 

筧さんの植物画。

坂本:画家と並行してディスプレーコーディネーターとして活躍されていますね。ディスプレーコーディネーターという職業があるとは、知りませんでした。

 

筧:そうだと思います。なぜなら、私が勝手につくった肩書なので(笑)

 

坂本:そうだったのですね(笑)こちらは、どういった経緯で始められたのでしょうか?

 

 

筧:もともと、美術系の学校を卒業して、金沢にある会社で、北陸3県の展示や陳列の仕事をしていました。その後、仕事を引き継ぎながら故郷の福井で独立し、ディスプレーコーディネーターを名乗り始めました。

 

坂本:福井では、例えば百貨店のお仕事もされていらっしゃるそうですね。

 

筧:ショーウインドーやメインのステージなど、いろいろとお仕事をさせていただいております。

 

坂本:個人のお店についてはどうでしょうか。例えば洋服屋だとか、和菓子屋だとか、雑貨屋だとか。

 

筧:はい。個人店のディスプレーもお手伝いしています。他には、企業の展示会の出店などもお手伝いさせていただいております。

 

坂本:まさに、展示と陳列のプロフェッショナルだと、あらためて理解しました。

陳列と展示は、コミュニケーションツール。

アトリエの一角に陳列される紙の商品。

坂本:そういえば、「陳列と展示の正解。」について、事前に詳細な資料をまとめてくださり、ありがとうございます。

 

筧:いえいえ、思い付いた限りを書いたまでです。

 

坂本:資料の中には、「個人的な趣味志向でディスプレーをしてはいけない」と書かれていました。これは、どういう意味でしょうか?

 

筧:陳列と展示は、オーナーの「なんとなく格好いい、すてき、おしゃれ」に頼ってはいけないという話ですね。

 

陳列と展示は、人と人、人と物とを結ぶコミュニケーションツールと言えます。少しだけ専門的に言えば、「演出型の販促ツール」とも言えます。

 

最終的な決定は個人の感性に左右されるかもしれませんが、最初はやはり基本を押さえて、ルールに基づいて演出を考えていく必要があると思います。

 

坂本:実際に仕事で展示や陳列をコーディネートする際、筧さんは何から始めるのでしょうか?

 

筧:お掃除でしょうか(笑)

 

坂本:掃除ですか?

 

筧:はい。もちろん、何も手を加えなくても演出型の素晴らしい陳列と展示ができているお店もあります。

 

ただ一方で、オーナーさんのこだわりや、長年の業務によって、物が多すぎる、雑多な状態になっているお店も少なくありません。その場合はお掃除をして一度まっさらな状態にします。

 

坂本:掃除の次は何をするのでしょうか?

 

筧:コンセプトメイキングです。テーマ決めと言ってもいいかもしれません。テーマを決めた上で、売り場のゾーニングを見直し、具体的にどこに何を置くか、陳列と展示を展開していきます。

 

坂本:そうなると、陳列と展示は最後なのですね。

 

筧:はい。テーマを最初に決めなければ、何をどのように飾って、どのように並べるのか、何も決められません。

 

坂本:このテーマ決めをしっかりやらずに、思い付きで陳列や展示を考えるとまとまりがない状態になってしまうのですね。

誰に何を売りたいか。

坂本:テーマとは、具体的にはどのような言葉で表現されるのでしょうか?

 

筧:テーマは一概には言えませんが、誰をターゲットに、何を売りたいかをきっちりと考えれば、おのずと決まってくると思います。

 

 

例えば和菓子屋さんで、涼しげな夏の和菓子をご年配に売り出したいと思ったら、「水」「涼」など夏の季節感が1つのテーマになると思います。

 

坂本:ちなみに、このアトリエのテーマは何なのでしょうか?

 

筧:ここですか(笑)

 

(筧さんがアトリエを見回す。)

 

主役が作品なので、「絵の世界観を最大限に引き立てる」がテーマでしょうか。テーマが決まれば、ゾーニングも見えてきます。

 

アトリエの様子。

ここは通りに面して、ガラス張りになっています。ですから必然的に、大きな作品を最も奥まった正面の壁に展示しました。

 

坂本:確かに最初に作品が目に入りました。

 

筧:作品を邪魔しないように、視界をさえぎる物も置かず、床と壁の余白を大きくしています。

 

基本として、壁は少なくとも3分の2は何も飾らない状態、余白を見せたいです。

 

床については余計な物を置かず、床面を広く出すほど高級感が演出できます。

 

 

ただ、こうした考え方はゾーニングと言うのですが、ゾーニングについては、お店の立地、広さ、業態などによって、一概に言えない部分が大きいです。

 

なので今回はそこまで話を広げるのではなく、今すぐ実践できる展示と陳列の技術論をお話できればと考えております。

 

(次は第2回。5つの展示構成について。)

筧(かけひ)いづみ。福井市生まれ。ディスプレーコーディーネーターとして県内外の百貨店や小売店、展示会場の陳列と展示を行う。画家としての顔も持ち、数々の展覧会で入選、特選する。公式ホームページは、https://izumikakehi.amebaownd.com/

前壽則さん

お客の最初に目に留まる展示スペース。

陳列と展示に関する基礎的な考えを4枚の資料にまとめてくれた。

この記事を書いた人

坂本 正敬

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。