コピーライターでない人がキャッチコピーを自分の商売で考える時に考えるべき話

Sorry, this is only readable in Japanese for the nonce.

Contents