おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(後編)

2020.08.13

No. 04

食に肥えたレストランシェフにもお勧めできる味。

撮影:武井靖。

北陸の夏のお菓子と言えば、和菓子のようかんを連想する人も少なくないと思います。

 

ようかんは年齢を問わず、日本人の口に合うお菓子なので、お土産にしやすいというメリットもありますよね。

 

北陸にはそれこそたくさん、おいしいようかんがあって、前編でも松葉屋(石川県小松市)の<月よみ山路>が紹介されていました。

 

後編に登場するようかんも、洋風なドルチェを連想させる味わいのようかんから、江戸時代に生まれたクラシックなようかんまで、実力派ぞろい。

 

機会があれば、ぜひ口にしてみてくださいね。

「名水と伝統で作られた新しいようかん」武井靖さん(HOKUROKU・Web開発ディレクター)

水の時計(富山県黒部市)の<「水の時計」珈琲羊羹>

写真提供:水の時計。

「まだコーヒーようかんがそんなに出回ってないころの話です。東京のデザイナーに贈り物をする際に、パッケージが素敵で贈りました。

 

すぐにそのデザイナーから連絡があり、クライアント(全員レストランシェフもしくはマネージャー)に配りたいから、5つ送ってほしいとリクエストがありました。

 

食に肥えたレストランシェフにもお勧めできる味。黒に金字のパッケージも素敵です。甘さ控えめでしっかりとしたコーヒー味が印象的です。」

水の時計に聞いてみた。<「水の時計」珈琲羊羹>はどんなお菓子?

 

「ようかんの甘みの材料に、麦芽糖水あめを使っているのが特徴です。

 

富山では麦芽糖水あめが伝統的に製造されています。コーヒーと麦芽糖水あめを合わせることで、甘くて硬い日本のようかんとは、イメージの異なる商品となっています。

 

優しい甘みで香りが高く、味わいは洋風なドルチェを連想させる和洋折衷タイプです。パッケージも金押しした化粧箱なので、贈り物としても喜ばれます。」

 

<「水の時計」珈琲羊羹>
価格:1個980円(税別)

 

自家焙煎珈琲水の時計
http://mizunotokei.com/

写真提供:武井靖。

武井靖(たけい・やすし)

『HOKUROKU』のWeb開発ディレクター。埼玉県生まれ。フリーのWebディレクター。ベンチャー企業や飲食店のホームページ制作を手がける。東京で仕事をしていたが、ネット環境が整ったのを機に富山に移住する。

「歴史の深みを年輪とともにいただきます」濱田修(建築家)

鈴木亭(富山県富山市)の<杢目羊羹>

撮影:武井靖。

「創業150年、富山の銘菓なので幼いころからなじみがありました。現在、辛党の私にとっても、ほんのりと甘く、深い小豆の風味をたいへんおいしく思います。

 

切り口に杢(もく)目が表れるのですが、薄く切れば杢目が際立ち、涼しげな和菓子になります。」

鈴木亭の<杢目羊羹>はどんなお菓子?

 

“創業の慶応二年(1866年)から受け継がれる逸品”杢目羊羹”

 

江戸幕府御用菓子司”鈴木越後”で15年の修行を終えた初代”茂助”。

 

江戸から富山に帰ってついに開業となった時、考えました。

 

「皆が目を見張るような羊羹はできないものか」と…

 

その時ふと浮かんだのが、立山の深山幽谷に林立する立山杉。

 

「あの立山杉の木目模様を羊羹に取り込めないものか」
と試行錯誤を繰り返し、創り出したのが”杢目羊羹(もくめようかん)”です。”
(公式ホームページより引用)

 

<木目羊羹>
価格:(1個)200円(税抜)
※賞味期限:常温で4カ月

 

鈴木亭
https://www.suzukitei.com/youkan_kuromokume.html

写真提供:濱田修。

濱田修(はまだ・おさむ)

1961年(昭和36年)富山生まれ。1984年(昭和59年)近畿大学理工学部建築学科卒業。1987年(昭和62年)石井和紘建築研究所。1993年(平成5年)濱田修建築研究所設立。2011年(平成23年)木質建築空間デザインコンテスト受賞<鈴木亭>。2014年(平成26年)うるおい環境とやま賞受賞<uchikawa 六角堂>、<米田木材株式会社新社屋>。2019年(平成31年、令和1年)グッドデザイン賞受賞<あまよっと横丁>、<石籠の家>。

 

(後編の最後は、ちょっと変化球のようなお菓子も登場します。)

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。