おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(後編)

2020.08.12

No. 03

まちっ子の夏のおやつ。

 

前編にも、みそまんじゅう本舗竹内(石川県七尾市)の<ふっくら>、河田ふたば(石川県小松市)の<葛ごおりアイスバー>と、アイスが登場しました。

 

選ぶ人、場面が限定されますが、やはり夏のアイスの差し入れは、受け取る側もうれしいですよね。

 

後編に登場する冷菓は、偶然にも富山のまちなかで生まれ育った2人が、示し合わせもしないで、同じように選んだ<アイスモナカ>が登場します。

 

富山市の中心部に居る友人や知人、仕事関係の人に何か気の利いた手土産を渡したいという場合は、ぜひとも役立ててみてくださいね。

「昔ながらの優しいモナカアイス」秋吉克彦(<染ときもの秋吉屋>の5代目店主)

平野屋の<モナカアイス>

撮影:坂本正敬

「子どもの時から、頂いたり、たまに買いに行ったりして、誰でも普通に親しんでいたアイスクリームです。

 

20分くらいで行けるお宅にうかがう時に限定されるので、場面は限られますが、お土産として持って行くと、とても喜んでもらえます。

 

自分も子どもの時に頂いてとてもうれしかったと覚えています。最近は少なくなりましたが、以前はよく頂きました。

 

自分は、バニラ・抹茶・小豆を同じ数を買って持って行くのですが、値段も1個120円と値ごろなので、10個ぐらいは持って行くといいと思います。

 

たくさんもらったうれしさと、どれから食べるか迷う楽しさもあります。

 

味も優しく後味がさっぱりな素朴な味で、濃厚な味が主流のスイーツがはやる中、かえっておいしさを感じます。

 

最近は、100円ショップでも保冷材や保冷バッグを買えますので、用意して買いに行ってもいいと思います。」

平野屋に聞いた<アイスモナカ>とはどんなお菓子?

 

「75年くらい前から、日本でアイスクリームの大衆化が始まるとともに、ずっとつくり続けているアイスモナカです。

 

アイスは自家製で、こくがありながらも、さっぱりとした味を心がけていて、ご高齢の方にもご愛顧いただいています。

 

お中元としては、東京はもちろん、九州、青森など地方への配送注文もいただいております。」

 

<アイスモナカ>
価格:(バニラ1個)120円(税込)
※要冷凍保存。

 

平野屋
hiranoya@cream.plala.or.jp

写真提供:秋吉克彦。

秋吉克彦(あきよし・かつひこ)

富山のまちなかで生まれ育ち、大学から首都圏へ。30歳でUターンし実家の呉服店を営みながら、定期市<越中大手市場>の運営など地域の活性化に腐心しています。

「まちっ子の夏のおやつはアイスモナカ!」室伏昌子(NPOまちなかライフスタイル研究会理事長)

平野屋(富山県富山市)の<アイスモナカ>

撮影:坂本正敬

「平野屋さんは昔は食堂をされていて、以前の職場が近かったこともあり、時々アイスモナカの配達をしてもらっていました。

 

ランニングシャツを着たお父さんがバイクで袋に入ったアイスモナカを届けてくれて、たいてい1個おまけがついてるのがうれしかったです。

 

やっぱり一番好きなのは抹茶。市販のアイスクリームとは違うあっさりと素朴なアイスとパリッとしたモナカの小ぶりのアイスは飽きない味。

 

富山には幾つかアイスモナカのお店があります。夏の手土産には喜ばれるおやつ。ただしアイスボックスは必要です!」

<アイスモナカ>
同上。

写真提供:室伏昌子。

室伏昌子(むろふしまさこ)

NPOまちなかライフスタイル研究会理事長。平野屋さんのある千石町通のギャラリー<アートスペースカワモト>で奇数月に「まちのかたり場in城下町」を開催する。

 

(次は第4回。北陸のようかん2連発です。)

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。