おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(後編)

2020.08.11

No. 02

親子で代々重宝している夏の定番。

写真提供:柴舟小出。

前編で取り上げた夏のお菓子は、和菓子のラインアップが目立ちました。

 

北陸には日本三大和菓子どころの1つである金沢の影響が強いため、美しい和菓子が多いのではないかという話をしましたが、後編でもやはり、涼しげな和菓子が挙がってきました。

 

夏だけの季節限定のお菓子から、親子で代々重宝する夏のお菓子、和菓子屋さんの出すプリンまで、いろいろ。

 

ちなみにこの記事内の2番目に出てくる柴舟小出は、前編の<水てまり>でも出てきた名店でした。

「夏だけの冷たいぜいたく品」濱井憲子(<喜代多旅館>の3代目おかみ)

リブランの<麩饅頭>

写真提供:リブラン。

「出合いは、職場へのお土産です。

 

夏だけの季節限定品で、見た目も涼しく、冷やしておいしいです。」

リブランに聞いてみた。<麩饅頭>はどのようなお菓子?

 

「もっちりとした粘りと歯切れの良さ。青のりを入れた生ふでこしあんを包んだ、夏季限定の和菓子です。

 

8月までの販売となりまして、売れ行き状況によっては早期終了する場合がございます。

 

リブラン全店で取り扱っておりますが、完売している可能性もございます。」

 

<麩饅頭>
価格:180円(税抜)
※消費期限は2日。保存方法は要冷蔵(10℃以下)

 

リブラン
http://www.lisblanc.com/

撮影:山本哲朗。

濱井憲子(はまい・のりこ)

富山市にある喜代多旅館のおかみです。職業柄、季節の移り変わりに敏感で、部屋のしつらえ大変でしょうと言われますが、あまり詳しくないので、勉強中です。

「夏のお菓子の王道」柿木健雄(株式会社太陽・代表取締役)

柴舟小出(石川県金沢市)の<白桃>

写真提供:柴舟小出。

「親が以前から使っており、夏の定番です。

 

夏らしくゼリーと白桃が奇麗で、ツルっんとした食感もいいです。

 

日持ちもしますし、移動中の破損にもあまり気を使わなくても良いので、贈り物として最適です。」

柴舟小出(しばふねこいで)に聞いてみた。<白桃>はどんなお菓子?

 

「みずみずしい白桃を優しくゼリーでくるんだ夏の逸品です。

 

形も味わいも上品にほんのりと甘く、きりりと冷やしておいしくお召し上がりいただけます。」

 

<白桃>
価格:(4個入り) 2,800円(税抜)
※販売期間は8月下旬まで
※賞味期限は製造日から40日。保管方法は常温。

 

柴舟小出
https://www.shibafunekoide.co.jp/products/detail.php?product_id=19

写真提供:柿木健雄。

柿木健雄(かきのき・たけお)

金沢市鳴和で眼鏡店<太陽めがね>を経営している2代目です。金沢で生まれ育ち、地元愛が強いです

「和菓子屋さんのぷりん」山本哲朗さん(フォトグラファー)

圓八(石川県白山市)の<とうふぷりん>

写真提供:圓八。

「出合いは、友人からいただいて。ただただ、おいしいです。」

圓八(えんぱち)に聞いてみた。<とうふぷりん>はどんなお菓子?

 

「カラメルのかわりに、粒あんを下に入れております。にがりを使用した本格的なとうふぷりんです。

 

種類はプレーン・ゴマ・緑茶の3種類が、ございます。」

 

価格:1個250円(税込)
※賞味期限は製造から2日。保管は冷蔵。

 

圓八
http://www.enpachi.com/

写真提供:山本哲朗。

山本哲朗(やまもと・てつろう)
1986年(昭和)生まれ。石川県金沢市出身。金沢市在住。写真事務所に約10年勤めたあと、2017年〈Photo Studio tetoru〉を開業。石川県を拠点に、雑誌・広告等の撮影を行う。

 

(次は第3回。富山のまちっ子2人が偶然にも同じお菓子を選んだ、富山の<アイスモナカ>が登場します。)

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。