おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(後編)

2020.08.14

No. 05

おやつにも、ビールのつまみにも。

撮影:大坪史弥。

後半の最後は、富山県南砺市にある世界遺産のまちでつくられる菓子パンと、福井の鯖江でつくられる、変化球のような回答の「おやつ」が登場します。

 

その変化は、ちょっとどころか、元メジャーリーガーの左腕、ランディ・ジョンソンが投げる高速スライダーくらい激しいですが、辞書にも菓子とは「通常の食事以外に食べる嗜好(しこう)品」と書かれています。

 

通常の食事以外に食べるという意味では、この回答も、お菓子、おやつに分類されるかもしれませんね。

 

そして実は個人的に、最も食べてみたいと感じた回答の1つでもありました。

「豆腐やイワナだけじゃない、40年以上愛される五箇山のグルメ」石本泉さん(五箇山和紙の里)

 

羽馬製菓(富山県南砺市)の<あんドーナツ>

撮影:大坪史弥。

「五箇山(ごかやま)へ移住したころ、当時この地で製造されていた<たいら牛乳>と、この<あんドーナツ>の組み合わせが気に入って、それからずっととりこになっています。

 

結婚式のプチギフトにも使わせていただきました。素朴で飽きのこないおいしさです。

 

レトロなパッケージもかわいく、五箇山のお土産にお勧めです。トースターで少し焼くのもお勧めの食べ方です。」

羽馬製菓(はばせいか)に聞いてみた。<あんドーナツ>はどんなお菓子?

 

「50年来、変わらない製法でつくり続けているあんドーナツです。」

 

<あんドーナツ>
価格:1個140円(税込)
※賞味期限は製造から3日。保管は冷蔵。

 

羽馬製菓
https://gokayama-info.jp/archives/385

提供:石本泉。

石本泉(いしもと・せん)

山口県出身。2008年(平成20年)に富山県の南砺市に移住。一般財団法人五箇山和紙の里勤務。原料となる楮(こうぞ)の栽培から製品企画まで行う。最近の趣味は古民家DIY。

「おしゃれで大人なたこ焼きです!」土田直東(土直漆器・代表取締役社長)

越前隊の<山うにたこ焼き>

写真提供:越前隊。

「地元の薬味やまうにを使い、たこ焼きという形で登場したときは、衝撃でした。

 

地元の薬味をアピールする目的で作られたたこ焼きですが、これがとてもうまく、ビールにも合います。もちろんおやつとしても!」

越前隊に聞いた。<山うにたこ焼き>はどんなお菓子?

 

「たこ焼の生地に、山うにをぜい沢に混ぜ込んでつくったたこ焼きです。

 

山うには、ユズ・塩・トウガラシを原材料とした薬味で、生地と混ぜ合わせることで、上品な風味とあっさり感が楽しめます。

 

おやつにも、ビールのつまみにもお勧めです。」

 

<山うにたこ焼き>
価格:(8個入り)500円(税込)

 

越前隊
https://www.echizentai.com/

撮影:山本哲朗。

土田直東(つちだ・なおと)
ものづくりのまち、鯖江にて漆器の製造を営んでいる。

 

(編集部コメント:お菓子特集の締めくくりとしてはとても心苦しいコメントなのですが、夏に冷たいビールと山うにたこ焼きの組み合わせ、最高ですね。

 

前編と後編でお届けしたHOKUROKUの夏のお菓子、以上です。小分けセットについても、コメントをお待ちしています。)

 

文:回答者の皆さん、坂本正敬
編集:大坪史弥、坂本正敬
編集協力:博多玲子

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。