イナガキヤスト×大木賢。「バズる」写真論。

2020.07.10

第5回

「バズる写真」の功罪。

 

坂本:今まで「バズる写真」について、いろいろ話をしてきました。ここでちょっと前提に関係する疑問なのですが、どうして大木さんは、いわゆる「バズる写真」、奇麗で分かりやすくて、加工の技術を駆使する写真を撮らなくなったのですか?

 

大木:写真に奥行きが全くないからです。奇麗だけれど、その先がありません。

 

例えば言葉にしても、格言は意味が分かりにくくても、ずっと考えていられます。写真もそうだといいなと思いました。映画を観た後の余韻を感じられるような写真を撮りたいとも思いました。

 

坂本:何かきっかけがあったのですか?

 

大木:自分の写真とプロの写真集の違いを見て、「自分の写真は、このままでいいのか」と模索がありました。

 

そもそも、奇麗な写真を撮りたいと思った理由は、富山の奇麗な風景を見せたいと思ったからです。ですが、他にも撮る方が増えて、自分が撮らなくてもいいと思ってからは、やめてしまいました。時期としては2018年(平成30年)です。そして今は、イナガキさんのような方もいらっしゃいます。

 

坂本:一方のイナガキさんは、今後も「バズる写真」を撮り続けていくのでしょうか?

 

イナガキ:本音を言えば、僕は家族の写真が一番大好きで、家族や人が一番撮っていたいテーマです。

 

 

実際に今年に入ってからは、新型コロナウイルス感染症の影響もあって、新しく風景の写真を撮れていません。実を言うと、ほとんど去年のストックを使って、写真をレタッチし直して出しています。

 

なぜ、そこまでやるのかと言えば、僕の写真を見てくれる方々の期待を感じるからです。その期待に応えなければという思いもあって、続けています。

 

ただ、誤解のないように言っておきたいのですが、風景の写真ももちろん、楽しく撮っています。

写真の知識がない人に「こんな景色が見られるかもしれない」と誤解させたかもしれない。

 

坂本:大木さんはご自身の<note17>で以前、富山県滑川市の海岸線で撮影されたホタルイカの写真が「バズった」際の話をしています。あらためてその話をしてもらえませんか?

 

大木:当時18歳で、地元の人でさえ驚くほどのホタルイカの身投げ18の様子を、偶然にも写真に収められました。

 

写真提供:大木賢

当時は、奇麗な写真で頭がいっぱいです。大満足して、多くの人に見てもらいたいと、ブログで公開しました。

 

すると、ネットで反響が出ました。いわゆる、「バズった」わけです。「絶景ブーム」の追い風もあって、書籍にも紹介され、雑誌やテレビで取り上げられ、インターネット上でも関連情報が急増し、僕の写真も世界中に拡散されました。

 

しかし、その結果、ホタルイカが身投げする時期になると、ライトと網を持った人で浜辺が埋め尽くされるようになりました。

 

さらに、ホタルイカの身投げが行われる滑川に行った経験すらない編集者やライターたちが、「目の前が青い光で埋めつくされる絶景」と書いて、紹介するようになりました。

 

撮影者として断っておきますと、海岸線が青い光で埋めつくされているように見えますが、これはホタルイカの大量発生時に長時間露光をしているからです。

 

「海岸線が青い光で埋めつくされているような写真」があったとしても、実際に「海岸線が青い光で埋めつくされている」わけではありません。

 

写真の知識がない人には「こんな景色が見られるかもしれない」という誤解を与えてしまったかもしれません。

 

「バズる」写真の役割。

坂本:このエピソードは、「バズる写真」を功罪の罪で見た時の話だと思います。

 

一方で現実に、イナガキさんが撮った写真で、勇気をもらった、元気になった、明るい気持ちになったというコメントが、イナガキさんのSNSにはたくさん寄せられています。

 

大木さんはさまざまな経緯で「バズる写真」を撮らなくなったのだと思いますが、先のような経験を踏まえた上で、あえて「バズる写真」の功罪の功を言うとなると、何になるでしょうか。

 

大木:「バズる」写真にも、もちろん意味はあります。最大の意義は、「この景色を知らない人が知る」だと思います。

 

例えばイナガキさんが撮影された先ほどの閑乗寺の写真が、まさにそうです。

 

 

大木:イナガキさんがSNSで紹介したからこそ、この美しい景色が全国に知られたという側面は、絶対にあるはずです。

 

イナガキさんの場合は「スマホ」で適当に撮って、安易に「バズらせよう」と考えられた写真ではありません。きちんとしたレンズとフィルターを通して、見る人の気持ちやテンションを上げる写真です。

 

なぜ撮るのか目的を持ち、被写体に対する理解や責任感を持って撮る、そんな立派な写真家の写真であるからこそ、意義があると思います。

 

坂本:いかがでしょうか? イナガキさん。

 

イナガキ:そんな大それた意識があるわけではありません。ただ、僕が風景を撮る際には、「富山が盛り上がればいいな」という気持ちがあります。

 

その意識の延長線上で、県外の人に向かって、こんなに美しい景色があると伝えているつもりでした。

 

対談後の撮影会の様子。

しかし最近、とてもうれしい出来事が目立つようになりました。何かと言えば、僕のアップする写真を、地元の方が喜んでくれているのです。

 

富山に暮らしている方が「自分の住んでいる場所はこんなにも美しい」と、僕の写真を通じて誰かに富山を自慢をしてくれています。

 

今は富山を離れた方でも、「故郷をこんなにも美しく撮ってくれてうれしい」と喜んでくれています。

 

外に向けて発信しているつもりが、結果として地元の方の郷土愛というか、地元を愛する気持ちを深める小さなきっかけになっていました。

 

坂本:確かに、イナガキさんの写真が「バズり」まくるたび、私も「すごいだろう。富山」なんて、勝手に鼻高々になっていましたから(笑)これは間違いのない功の部分です。

 

大木:そのためにツイッターをやっていると言っても、過言ではないですよね。

 

坂本:とても良く分かりました。これで対談を終わりとさせてもらいます。最後に、お互いの写真を、お互いのお手持ちのカメラで撮影してもらえますか?

 

イナガキ:いやー。やっぱり、撮るんですね。ちょっときついです。これ。

 

大木:僕も撮られなれていないんで、緊張します(笑)

 

 

(編集部コメント:取材の当日、偶然にもおそろいの白いTシャツを着た写真少年2人による「バズる」写真論、これでおしまいです。皆さんの写真撮影にも、ぜひとも生かしてみてくださいね。)

 

文:坂本正敬
写真:イナガキヤスト、大木賢、武井靖
編集:大坪史弥、坂本正敬
編集協力:博多玲子、中嶋麻衣

17 「ホタルイカの身投げ」を撮って後悔している話。https://note.com/yukisons/n/n223a66ecb5b8

18 深海に生息しているホタルイカが、産卵のために水面近くまで上がってきた際に、方向を見誤って浜に打ち上がってしまう現象。

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。