今回のお題北陸のカルチャーショック

今回のお題北陸のカルチャーショック

北陸の暮らしと人事を生活者の立場からうがち(突き抜き)、移住者(Uターン・Iターン)らしい視点とユーモラスな5・7・5の言葉で、切り取ってください。社会(体制の側)に対する遠回しの批判も、あてこすりもオッケー。でも、排他的な言葉の暴力ではなく、柔らかい言葉を大切に、「地域や住民、生き物への愛と優しさ、前向きさを忘れない」がローカル・ルール。

雪道を
黙って進む
小学生

 九州→北陸のカルチャーショック さんの作品

越してきて
しごと聞かれる
夫のね

 そっちね さんの作品

つごう良く
関東関西
使い分け

 hakase さんの作品

晴れた日が
続くと逆に
鬱になる

 mariko さんの作品

川べりで
チャックを下す
放尿犯

 shirokuma さんの作品

お題に対する川柳を寄せてもらい、その中から<金猫賞><銀猫賞><銅猫賞>を選びます。副賞は編集長をキャラクター化した、『HOKUROKU』オリジナルのオリメタダシステッカー。投稿には無料の会員登録が必要です。投稿された川柳は基本的に全て掲載しますが、掲載前に一定のチェックが入ります。地域や住民、生き物に対する愛と優しさ、人生の裏表を慈しんで包み込む姿勢が著しく欠けていると判断されたときには、掲載を見送る場合もあります。

次回のお題
「なんでそうなる?」と思う話。

本来の川柳のお題(前句)は7音・7音の14音字でつくられると学んだので、14音でつくってみました。

北陸らしい時事ネタ、暮らしや土地の習慣を、移住者らしい視点で愛をもってうがち、ユーモラスな言葉で切り取ってください。