北陸がもっと好きになる。あの人の本と映画と漫画の話。

2020.05.31

第1回

故郷と青春と恋する乙女
「自分の青臭さに恥ずかしくなる。」

富山地方鉄道笹津線。 撮影:柴佳安

地元の人であれば、北陸には今よりも若かったころの思い出があるはずです。
 
幼い日の記憶を、思春期の息苦しい感情を、本や映画や漫画とともに、思い起こしてみませんか?
 
時にはそれが(あるいは往々にして)とても苦々しい、逃げ出したい作業になるかもしれませんが。

あの人の作品その1。
「季節とともにめぐる人の営みと恋愛模様。読むときっと、大切な人との時間が、いとおしくなる。」竹浪杏里([g]ift・マネジャー)

小川糸著『喋々喃々』(ポプラ社)

「毎週の本屋さん通いで、表紙に一目ぼれしました。
 
アンティーク着物ショップを営む主人公の栞の恋愛小説ですが、読むと自分の暮らしも大切にしたくなる作品です。
 

栞の地元は北陸です。私の住む金沢もアンティークの着物屋さんがあったり、古民家カフェがあったりと、昔からの物が暮らしの中になじむまちです。作中には金沢のとある本屋さんの名前も登場していて、栞の住むまちと金沢が重なります。
 
また作中には北陸の山奥で自給自足生活を試みる父親を訪ねるため、妹と2人で夜行バスに乗るシーンがあります。
 
姉妹2人の道中は子どものころのお出掛けにわくわくする気持ちや懐かしさを思い起こさせます。夜行バスに乗って出掛けるのもいいなと、次の旅先を考えたくなります。
 
父親の住む山奥も、白山や鳥越をイメージしたのかなと妄想が膨らんじゃいますね。
 
暮らしの中の1つ1つのことをいとおしむ気持ちや、大人になってから始まる恋の淡い気持ち、読むと自分や大切な人との時間がさらにいとおしくなる、そんな作品です。」

 

『喋々喃々』
著者:小川糸
出版社:ポプラ社
発売年:2009年2月
定価:本体1,500円

こんなお話。
“東京・谷中でアンティークきもの店を営む栞の、恋と家族の物語。下町の季節やおいしいものの描写を交えながら丁寧に描きます。”(ポプラ社のホームページより引用)


竹浪杏里([g]ift・マネジャー)
https://www.gift-hokuriku.jp/
小説、エッセイ、雑誌に漫画、時間があれば活字を追うか雑貨を愛でている、北陸の魅力ある品を扱うショップ
<[g]ift>のマネジャー。

あの人の作品その2。
「あなたがなりたかったあなたに、今、あなたはなれていますか?」畠山泉(英語講師)

J.D.サリンジャー著、村上春樹訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』(白水社)

「この作品はもちろん北陸を題材にした小説ではありません。しかし、この本を読むと故郷の福井を思い出します。

 

主人公は退学を何度も食らう劣等生。にもかかわらず、悪いのは彼の周囲の人間や環境のせいにしている、いわゆる『中2病』の少年です。
 
自分が学生時代にも故郷・福井は、どうしようもない田舎でした。何かやりたくても何もさせてもらえない土地的な閉塞(へいそく)感があり、福井での学生時代や留学時に読んだ時には、主人公に対する共感しかありませんでした。
 
都会に出て働き、出産・育児を経験してから読んだ時、この本で自分の青臭さに恥ずかしくなり、故郷の良さや故郷の人間の温かさを感じて、青春時代を懐かしく思えるようになりました。
 
大きな感動に包まれるような作品ではありません。しかし、福井の学生時代を思い出し、胸の奥が少しチクッと痛む作品です。」

 

『キャッチャー・イン・ザ・ライ』
著者:J.D.サリンジャー
訳者:村上春樹
出版社:白水社
発売年:2006年4月
定価:本体880円

こんなお話。
“J.D.サリンジャーの不朽の青春文学『ライ麦畑でつかまえて』が、村上春樹の新しい訳を得て、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』として生まれ変わりました。ホールデン・コールフィールドが永遠に16歳でありつづけるのと同じように、この小説はあなたの中に、いつまでも留まることでしょう。雪が降るように、風がそよぐように、川が流れるように、ホールデン・コールフィールドは魂のひとつのありかとなって、時代を超え、世代を超え、この世界に存在しているのです。”(白水社のホームページより引用)

10歳の息子さんが描いた畠山さんの似顔絵。

畠山泉(翻訳家、英語講師)
中3、中1、小5の3児の母。学生時代アメリカに6年間留学し、その後帰国。東京で働いていたものの、人生の豊かさを求めて北陸に戻ってくる。

あの人の作品その3。
「社会の底辺でもがく若者の純愛物語。涙腺崩壊ハンカチ必須!」金木由美子(合同会社f5(えふご)・代表)

後藤ゆきお原作・牧野和子作画『新宿悲歌 しあわせしんきろう』(講談社)

講談社の許諾を得て掲載。

「『しんきろう』とあるように、主人公のチンピラくんの出身が富山です。
 
作風は時代を感じるものがありますね。当時、はやったハイティーン・ブギと同じ作者のようで、そのころ高校生くらいだった方は覚えてるかも。
 
今さら感もあるかなと思いましたが、障がいのある貧困女子と、貧困に付け込んで搾取する側の存在という構図が、80年代から一向に改善していないどころか悪化しているんじゃないかと考えさせられました。
 
当時はこれを読んで泣きましたね。切ない純愛モノです」

 

『新宿悲歌 しあわせしんきろう』
原作:後藤ゆきお
作画:牧野和子
出版社:講談社
発売年:1977年9月
定価:本体400円

こんなお話
“家出少女の雪子に声を掛けたのは職業「すけこまし」のしげる。盲目の雪子は施設で育ち辛い経験もしてきたが純粋な心を持っている。そんな雪子に心惹かれていくしげる。果たして二人の恋の行方は…。”(紀伊国屋書店ホームページより引用)

撮影:柴佳安

金木由美子(合同会社f5(えふご)・代表)
<think.DIY CAFE>(http://thinkdiycafe.com/)というブックカフェをやってました。現在は障がい者グループホームと訪問・居宅介護の事業所を立ち上げ、地域で障がいのある方たちが普通に暮らしていく場を作っていこうと思ってます。いろんな人が立ち寄れるサードプレイスとしてのカフェを現在工事中。

あの人の作品その4。
「行きたくなる南砺、会いたくなる城端。」北島和博(里山のオーベルジュ 薪の音・スタッフ)

西村純二監督『true tears』(富山テレビ、他放送)

©2008 true tears製作委員会

「私の故郷である富山県南砺市のアニメーション制作会社P.A.Worksさんの代表作です。
 
切なさもにじむ恋愛ストーリーとしての魅力だけでなく、背景のあちらこちらに南砺市城端の背景がちりばめられているため、城端の地を実際に訪れて踏みしめたくなる内容かと思います。
 
聖地巡礼と称して、全国各地からファンが城端に訪れています。作品登場の主要キャラクターを演じた声優さんも、ちょくちょく訪れてくれています。
 
前職で城端駅内に勤務していた時には、ばったり声優さんと出くわしました。作品を通して演者−ファンの距離も近く、交流が今も盛んに行われています。」

 

『true tears』
原作:La’cryma
監督:西村純二
アニメーション制作:P.A.WORKS
製作:true tears製作委員会
放送:2008年(平成20年)

こんなお話。
“造り酒屋のひとり息子である仲上眞一郎。絵本作家に憧れる彼は、ある夜、天使の絵を描いていた。絵を描くことに没頭する彼の脳裏には、いつしか天使の鮮明なイメージが浮かぶ。その天使はふわりとした巻き毛の、あどけない少女だった。”(true tears公式サイトより引用)


北島 和博(里山のオーベルジュ 薪の音・スタッフ)
https://makinooto.co.jp/
富山県南砺市(旧福光町)で生まれ育ち、大学入学を機に首都圏へ発ち十数年生活するも、北陸新幹線開通10日前に「北陸のためになんかできんかいな」と帰郷してきた(コピー)ライターの端くれ。現在は<里山のオーベルジュ 薪の音>スタッフ。

あの人の作品その5。
「画面の隅々まで宿る生命力。自然とは何かを受け入れて、共に生きていく。」濱井憲子(喜代多旅館・3代目おかみ)

映画『おおかみこどもの雨と雪』(東宝)

「おおかみこどもの雨と雪」DVD&Blu-ray発売中。 発売元:バップ©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

「公開されてから数年は、『舞台を見に来ました』という若い旅館のお客様が、何組もいらっしゃいました。
 
自分の親の出身地は両親とも富山県の上市町で、親戚も多く、縁が深い土地です。
 
幼いころからなじみがあり、大好きな場所なのですが、
まちも田畑も近代的な区分けすらされていない所が多く、(区分けが小さくて曲がっているとか、機械の入りにくい田畑とか)全体的に近代化から取り残された場所というイメージがありました。
 
なのでこの映画を見て非常に新鮮だったというか、自分の物差し以外にも、物差しはあるのだと気づかされました。
 
映画のストーリーとか主要キャラより、ずっと背景を見ていた、珍しい映画です。」

 

『おおかみこどもの雨と雪』
声の出演:宮崎あおい、大沢たかお他
監督・脚本・原作:細田守
脚本:奥寺佐渡子
製作:「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会
配給:東宝

こんなお話。
“大学生の花(宮崎あおい)は、彼(大沢たかお)と出会ってすぐに恋に落ちた。やがて彼が人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”だと知ることになったが、花の気持ちが変わることはなかった。”(東宝のホームページより引用)

撮影:山本哲朗

濱井憲子さん(喜代多(きよた)旅館・3代目おかみ)
https://kiyotaryokan.jp/
富山市生まれ。富山県庁職員を経て、家業の<喜代多旅館>の3代目おかみになる。

 

(編集部コメント:次は、北陸の「美しい言葉と昔話の世界」を楽しめる本や映画や漫画の話に続きます。)

 

※クレジットが記載されていない書影については、各出版社が自由な利用を認めたデータベース登録済みの書影を使っています。

この記事を書いた人

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。