HOKUROKUの告知板。

HOKUROKUには読者の皆さんが投稿できるコーナー「たまり場コンテンツ」があります。

 

現在、以下の公開準備中の「たまり場」で、皆さんの投稿をお待ちしています。

  1. 移住者たちの川柳(「かわやなぎ」じゃないよ。)
  2. 北陸の大喜利(ハガキ職人さん、出番です。)
  3. ホクロクの「マルシェ」(はい。イベント情報です。)
  4. ありがとう、おめでとう(温かな思いを寄せる場所。)

1.移住者たちの川柳(「かわやなぎ」じゃないよ。)

イラスト:Mariko Noguchi

北陸に移住した読者から川柳を募るコーナーです。

 

対象は県外から移住してきたIターンの方はもちろん、地元に戻ってきたUターン、短期滞在中の方もウエルカムです。

 

北陸の日常を自由に、ユーモアたっぷりに、くすっと笑える、移住者(滞在者)らしい視点と5・7・5の言葉で切り取ってください。社会に対する遠回しの批判も、あてこすりもオッケー。

 

でも、「地域や住民、生きものへの愛と優しさ、前向きさは忘れない」がローカル・ルール。優秀賞に選ばれると副賞もあります。

 

今月の大喜利テーマは「北陸のカルチャーショック」。

 

ちなみに私の川柳は、

 

「立山は 地震・台風 防ぐとか」
「おにぎりに 昆布をまぶす 富山人」

 

投稿フォームはこちら

2.北陸の大喜利(ハガキ職人さん、出番です。)

イラスト:Mariko Noguchi

テーマに沿ってユーモラスなQ&Aを披露する、いわば「とんち」の言葉遊び大会が、北陸の「大喜利」です。

 

1970~80年代にラジオで活躍したはがき職人の先輩の皆さん、ペンとはがきを「スマホ」に持ち替えて、往年のユーモアセンスに豊かな経験をプラスし「大喜利」を引っ張ってくれませんか?

 

もちろん、若い世代も舞台に上がってきてください。優秀賞に選ばれると副賞もあります。

 

今月のテーマは、「こんな茶屋街の芸妓(げいこ・げいぎ)は嫌だ。どんな?」。

 

ちなみに私の回答は、

 

「三味線がエレキ。」

 

投稿フォームはこちら

3.ホクロクの「マルシェ」(はい。イベント情報です。)

イラスト:Mariko Noguchi

フリーマーケットやコンサート、お祭り(フェス)や勉強会など、人を集めたいイベントの告知が無料で、自由に何度でもできるコーナーです。

 

現在は新型コロナウイルス感染症の影響で、人の集まりを催しにくい状況ですが、ちょっとずつ、このコーナーがにぎわってくる日を、心待ちにしています。

 

情報の投稿は北陸3県で開催されるイベント関係者のみ可能で、投稿は無料ですが、無料の会員登録が必要になります。

 

投稿フォームはこちら

4.ありがとう、おめでとう(温かな思いを寄せる場所。)

イラスト:Mariko Noguchi

北陸3県でお店をオープンする、あるいはお店を畳む人が、自由に情報を告知できるコーナーです。

 

新店オープンを予定する店主(オーナー)はスケジュールと意気込みを、お店を畳む店主(オーナー)は時期と常連たちへの感謝のメッセージを、自由に書き込んでください。

 

ただし、お店とはこの場合、業種一覧表の大分類名における外食業(しかも、北陸3県以外に本社を置くチェーン店、フランチャイズ店は除く)に限ります。当てはまらない方、ごめんなさい。

 

投稿フォームはこちら

 

投稿が集まり次第、企画は順次公開していきます。併せて公開中の、

 

このこ、ネコのこ(ときどき、イヌ)
小さな「ピカソ」たち展(さあ、親ばかになりましょう)

 

でも、どしどし投稿を受け付けております。ご協力、よろしくお願いします。

 

2020年6月8日
HOKUROKU編集長・坂本正敬