特集の予告。その2。

気が付けば、2020年(令和2年)5月31日に創刊した〈HOKUROKU〉も、1周年を迎えようとしています。

 

もともと私(HOKUROKU編集長の坂本)はライターとして、企画立案から取材・執筆する仕事がほとんどで、媒体に合わせた企画提案を最も得意なスキルの1つとしていました。

 

なので、いよいよHOKUROKUというWebメディアで自由自在に企画・制作できる立場となってからは、過去にも増して考える作業が楽しくなりました。

 

極端に言えば、普段吸っている空気からも、呼吸するたびにアイデアをキャッチし、形にできる状況なわけです。

 

今週はそんな風に気持ちのいい空気と春の風を感じながら企画・制作された、当面の特集ラインアップの一部を予告します。

 

あくまでも現段階の話で、順番が前後したり、内容が差し変わったりする可能性も十分にあります。

 

ただ、ウイスキーづくりのように寝かせているうちに、あれこれ変化していくプロセスも、また楽しいです。実際にウイスキーをつくった経験はないのですが。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬

目次