特集の予告。その1。

2021.02.25

No. 04

やっぱり地元が好き。北陸ローカルCMミュージアム。

 

前に<HOKUROKU>の公式<Twitter>で、「思い出深い北陸のローカルCMは?」と問いかけたところ、多くの人にリプライやリツイートしてもらいました。

 

 

その節は皆さん、ありがとうございました。この呼びかけは、実はこの「やっぱり地元が好き。北陸ローカルCMミュージアム。」の企画を始めるにあたっての調査の一環でした。

 

北陸が大好きでHOKUROKUを立ち上げた筆者(HOKUROKU編集長の坂本と言います)ですが、残念ながら北陸で育っていないため、どのような思い出に残るローカルCMが存在したのか、分かりません。

 

そこで北陸に暮らす(北陸で生まれた)皆さんの力を借りて、どんなローカルCMがあったのかリスト化し、各企業に問い合わせ、映像素材を用意してもらい、各種の質問にも答えてもらっています。

 

映像素材を自宅で確認していると、北陸生まれの妻が筆者のパソコンをのぞき込んで、「懐かしい―」と絶叫していました。

 

ローカルCMは地元に残る人にも、故郷を離れた人にも、郷土愛を再確認させるすてきな作品だと、あらためて思いました。

 

ちなみに、呼び掛けた企業の多さと、調べるテレビコマーシャルの制作年の古さから、「コレクション」の収集には時間が掛かっています。

 

できれば一気に公開したいのですが、完全な「コレクション」になるまでには、第2弾、第3弾など長期的な展望が必要になるかもしれません。

 

ただ、少なくとも第1弾を3月末には公開しますので、楽しみに待っていてくださいね。

 

担当者の一言。

 

「私(HOKUROKU編集長の坂本正敬)は埼玉で育ちました。埼玉のローカルCMと言えば、<十万石まんじゅう>です。

 

HOKUROKUのウェブディレクターである武井靖も埼玉県出身です。

 

『うまい、うますぎる』とどちらかが上の句のようにつぶやけば、もう一方が笑顔で『埼玉銘菓、十万石まんじゅう』と下の句を続けます。

 

ローカルCMの力は、偉大です。」

 

(副編集長のコメント:Twitterでコメントを寄せてくれた皆さん、ありがとうございました。コメントが届くたびに懐かしさで声が漏れました。「あのCMの知られざる裏話」をみんなで楽しめるコンテンツになったらいいなぁ。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。