特集の予告。その1。

2021.02.22

No. 01

宿の楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。

 

来週から2週連続でスタートする新連載が「宿の楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。」です。

 

書く人は「宿マニア」を自任してやまず、自らも富山県内で数々の宿をプロデュースしてきた<HOKUROKU>のプロデューサー・明石博之です。

 

旅の姿、宿泊のスタイルにも変化が生じている今だからこそ、北陸3県の距離感で移動を楽しみつつ、特筆すべきサービスに満ちたすてきな宿を北陸3県に探します。

 

特集は2週連続で公開し、1週目は「新・北陸の宿。」のガイダンスとして、明石博之がどういった人間なのか、どういった視点で宿を見ているのかを語ります。

 

そのガイダンスを受けて、2週目はその明石が魅力を語る最初の宿が登場する流れ。

 

この特集はその後も不定期で連載を続け、北陸3県にある宿が順番に登場します。皆さんも時間をかけて、北陸各地の宿を巡ってみてください。

 

担当者の一言。

 

「ある宿に泊まってみたい、という気持ちが旅へのモチベーションを高めてくれるはずです。近所のすてきな宿に泊まるだけでも、旅をした気分になれるはず。高級であればいいわけじゃない、キレイであればいいわけじゃない。宿の楽しみ方は、もっと深いところにあると思います。」

 

(副編集長のコメント:言うまでもなく、宿泊業界は難しい局面に立たされています。宿を営む人にとっても、泊まる人にとっても新しい発見がある連載をお届けします。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。