キャッチコピーづくりに関する新企画も。特集の予告。その6

2022.01.14

No. 04

北録伝力の更新。

 

ウェブメディアである以上、文字と写真の情報ばかりを出しているだけでは、旧来の新聞や雑誌と変わりがありません。

 

せっかく音も映像も使えるのですから、それらの可能性を大いに追求していきたいわけです。

 

その分かりやすい形として〈HOKUROKU〉では北陸各地の生活音を集め公開する北録伝力(ほくろくでんりょく)を公開しています。

 

福井の恐竜の鳴き声や京福バスのウインカー音、新幹線開業に向けた福井駅前の工事の音などを最近では公開しました。

 

気が付けばコレクションは意外に充実してきています。

 

あらためて幾つか北陸の音を公開する予定ですので、楽しみにしていてくださいね。

 

ちなみに個人的なお勧めは、いしかわ動物園のシロテナガザルの鳴き声です。この独特の鳴き声はテリトリーソングと言って、縄張りを守るための美しい発声みたいですね。

 

 

副編集長のコメント:北録伝力のラインナップは波打ち際やコオロギの鳴き声など分かりやすく美しい音もあります。ただ全体的に見るとマニアックな音も多いです。「京福バスのウインカー」とか「県営渡船」とか。

 

特段美しくはないかもしれないけれど、聞けば一瞬で記憶を呼び起こす日常音もアーカイブしていきます。)

 

プロデューサーのコメントも:HOKUROKU編集会議にて「地方は車社会だから運転しながら聞けるコンテンツは重宝するね」との話が出てきました。

 

デザインの仕事をしながらBGMを聞く方は少ないと思いますが〈YouTube〉で検索すれば「作業用BGM」が大量にアップされていると分かります。

 

「好きな音楽やラジオ番組だけじゃない選択もあって良いのでは?」そんな思いもあって北陸の日常にある音を拾い集めている最中です。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。